急須に入れるお茶の量

急須にいれる一回のお茶の量は、カレースプーンに軽く一杯(約6g)が適量です。湯冷ましを利用するのがベストですが、気兼ねのない方とお飲みになる場合でしたら、ご使用される湯飲みにお湯を取り、それを急須に入れ直すと良いでしょう。
煎茶の場合、湯冷ましに取り置く時間は、あまり冷ましすぎない程度の湯の量を計るくらい。湯冷ましする理由はあまりに熱いお湯を注ぐと、二煎目以降の渋味、苦みが一煎目の甘みと一緒になってしまうためです。
湯飲み

湯呑みを代えただけでも美味しさの楽しみ方が違ってきます。夏は薄手の口の広がった朝顔型で磁器を。冬は厚手の陶器、土器がお湯が冷めにくいのでお勧めです。最近はペットボトルの普及で冷茶にして飲まれる方も多くいらっしゃいます。かつて、「宵越しのお茶は飲むな」と言われましたが、この格言は急須の茶葉が時間の経過で雑菌が増えるからと言う意味で、冷蔵庫で冷やしたお茶は特に問題はないようです。
湯飲み

湯呑みを代えただけでも美味しさの楽しみ方が違ってきます。夏は薄手の口の広がった朝顔型で磁器を。冬は厚手の陶器、土器がお湯が冷めにくいのでお勧めです。最近はペットボトルの普及で冷茶にして飲まれる方も多くいらっしゃいます。かつて、「宵越しのお茶は飲むな」と言われましたが、この格言は急須の茶葉が時間の経過で雑菌が増えるからと言う意味で、冷蔵庫で冷やしたお茶は特に問題はないようです。
価格

価格はひとつの目安です。
高いお茶だけが美味しいお茶とも限りません。
試飲をしてみて、自分にあったお茶をおさがし下さい。耕伸にお問い合わせ頂ければお手伝いをさせて頂きます。
保存

長期保存(半年以上)には冷凍庫をお勧めしますが、普段お飲みになる場合には冷やしすぎる保存方法はお勧めできません。保存で冷えたお茶の袋を開封すると冷気を呼び込み、返って傷みやすくなります。茶缶での保存の場合にも茶缶の半分くらいになったら、要注意です。空気に触れる部分が多くなるとお茶が酸化が早まり香りが抜けてしまいます。
開封後三週間くらいでお飲みいただくようにお買い求め下さい。
急須にいれる一回のお茶の量は、カレースプーンに軽く一杯(約6g)が適量です
お湯の温度

お湯の温度はポットを少し冷ましたくらいが良いかと思います。湯冷ましを利用するのがベストですが、気兼ねのない方とお飲みになる場合でしたら、ご使用される湯飲みにお湯を取り、それを急須に入れ直すと良いでしょう。
煎茶の場合、湯冷ましに取り置く時間は、あまり冷ましすぎない程度の湯の量を計るくらい。湯冷ましする理由はあまりに熱いお湯を注ぐと、二煎目以降の渋味、苦みが一煎目の甘みと一緒になってしまうためです。
抽出時間は煎茶で一分、玉露で二分が目安でしょう。
急須の中のお湯はその都度、注ぎきって下さい。
二度目以降を美味しくお飲みいただくために。
味向き

お茶は嗜好品です。甘いお茶が好きな方、渋いお茶がお好みの方、お好みはそれぞれです。
同じお茶でもその日の健康状態や季節により、また疲れているとき、寒いときは濃いめのお茶が好まれ、暑い季節には爽やかな軽いお茶の味が好まれます
お茶の渋味

お茶の渋味と甘味は紙一重です。渋味とは舌の味覚細胞を締めるために起こる現象です。
口中に含んだお茶の渋味は、しばらくすると甘味に替わってきます。また、「渋い」とは昔から”褒め言葉”でした。
渋い演技、渋い服装、渋さがひかるとか。逆に甘さはネジの締め方があまい、考えがあまい、と評価します。渋味の中の甘味を楽しみませんか。
お祝い事にはむかないですか?

関東地方ではご葬儀のお返しにご利用され
る方が多いようです。しかし、新潟地方では
結婚式の引き出物に利用されることが多いと
耳にしています。

お茶は一度植えると植え替えが利かないの
で、一旦「嫁いだら戻らないように」との願い
を込めてお茶を贈り物にしたようです。ご葬儀
も祝言もお茶の生育状況をなぞらえたもので
、ジンクスの域をでないようですが「荼毘(だ
び)に付す」には「茶」の文字に似た文字を使
いますので、ご葬儀にまるで無縁とは言えな
いかも知れません。





Copyright Corshin inc. All Rights Reserved.
生産量は日本で二番
鹿児島茶は日本で二番目の生産量です
生産県 代表的産地名 生産量
静岡 掛川・川根 44,100 44.1
鹿児島茶 知覧茶・頴娃 23,900 23.9
埼玉 狭山茶 1,040 1.0
福岡 八女茶 2,260 2.3
京都 宇治茶 3,300 3.3
奈良 大和茶 2,850 2.9
佐賀 嬉野茶 2,030 2.0
三重 伊勢茶 8,110 8.1
熊本 矢部茶 1,910 1.9
宮崎 3,660 3.7
心にゆとりとリラックス
お茶とひとがある場所で
大切な人との時間、
かけがえのない友達と一緒に、
笑顔で「お茶しよう」